地域内での建築物の構造規制

Tel: 24時間対応

ご予約

防火地域や準防火地域

防火地域の3階建

防火地域や準防火地域では、その地域内での建築物の構造についての規制があります。

防火地域

1.耐火建築物としなければならない建築物
  • 地階を含む階数が3以上の建築物
  • 延べ面積が100㎡を超える建築物
  • 2.耐火建築物または準耐火建築物としなければならない建築物
  • 上記1番のいずれにも該当しない建築物です
  • 2階以下でかつ延べ面積100㎡以下という事になります
  • 3.耐火建築物または準耐火建築物にしなくてもよい建築物
  • 延べ面積が50㎡以下の平屋建ての付属建築物(物置等)で外壁および軒裏が防火構造のもの
  • 高さ2m以下の門または塀
  • 高さ2mを超える門または塀で、不燃材料で造りまたは覆われたもの
  • 4.看板・広告塔などの防火措置
  • 建築物の屋上に設けるものは、その主要部分を不燃材料で造りまたは覆う
  • 高さ3mを超えるものは、その主要部分を不燃材料で造りまたは覆う
  • 主に都市部などの密集市街地に指定される防火地域では、規模の小さな建築物であっても原則として木造とすることはできない。

    耐火建築物または準耐火建築物となります。

    耐火建築物とは主要構造物(壁や柱など)を耐火構造等とし、準耐火建築物とは主要構造物を準耐火 構造等として外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に政令で定める防火設備を有する建築物をいいます。

    準防火地域

    1.耐火建築物としなければならない建築物
  • 地階を除く階数が4以上の建築物
  • 延べ面積が1,500㎡を超える建築物
  • 2.耐火建築物または準耐火建築物としなければならない建築物
  • 延べ面積が500㎡を超え1,500㎡以下の建築物
  • 地階を除く階数が3階建ての建築物。

    但し、防火上の技術的基準を満たしていれば500㎡以下木造でも可

    つまり準防火地域内において地階を除く階数が3の建築物は
  • 延べ面積1500㎡超→耐火建築物
  • 延べ面積500㎡超~1500㎡以下→耐火or準耐火建築物
  • 延べ面積500㎡以下→耐火or準耐火or技術的基準に適合する建築物
  • の3パターンがあるということです。

    3.準防火地域内にある木造建築物の防火措置
  • ・外壁および軒裏で、延焼のおそれのある部分は防火構造とする
  • 準防火地域で階数を数えるときは「地階を除いて」考えます。

    地階を含む防火地域としっかり区別しておいてください。