広告を出す時は取引形態を明示

Tel: 24時間対応

ご予約

広告の規制

宅建業者が対象物件の広告をするときには、取引形態の明示をする必要があります。

これを怠ると監督処分として業務停止処分を受ける事があります。

取引形態の明示とは、売主であるのか。

広告

又、代理や媒介契約によって売買・賃貸等を行うのかを購入者等に明示する事で、書面ではなく口頭でも構いません。

又、宅建業者は契約を成立させる為に事実と違った事を伝えてはならない。

誇大広告等は禁止になっています。購入者が誤認する等の被害が起こらなくても禁止です。

所在、規模、形質、利用の制限、環境、交通その他の利便、代金や賃貸借の対価の額と支払方法、代金に関する金銭の貸借の斡旋が対象になります。

さらに、存在しない物件、存在するが取引の対象となり得ない物件、存在するが取引する意思がない物件も広告する事は違反となります。

宅建業者が誇大広告等の禁止に違反した場合、監督処分として業務停止処分、罰則として6ヶ月以下の懲役、又は、100 万円以下の罰金に処される事があります。

宅建業者は、宅地の造成や建物の建築に関する工事の完了前は、当該工事に必要な許可・確認が下りた後でなければ広告をする事が出来ません。

これは、媒介・代理・賃貸に関係なく全ての取引形態が対象となります。